放置で儲かる?話題のFXやETFの自動売買サービスをまとめてみた

完全に放置で、お金を入れるだけでお金が増える投資法は無いものか・・・と思いませんか?

まあ、そりゃ放置で増えたら苦労しないし、ぜひそういうサービスがあれば使ってみたいですよね。

本記事では、完全に放置で自動で資産を運用してくれる自動売買系投資サービスをまとめます。

* 本記事は紹介したサービスで利益がでることを保証するものではありません。

f:id:nepio:20181025234255p:plain

一度設定したら完全放置!管理もほとんどせずに資産運用

資産運用って難しいですよね。FXや株、仮想通貨など、色々触って見たものの難しい。

という人も多いのではないかと思います。

手動のトレードで勝てるようになるには、ある程度の失敗と経験が必要です。

筆者もかつてはビットコインFXで損したりしました。

むしろ初心者のうちは手動のトレードよりも自動売買の方が安全説までありますw

最近だと、プロの作成したトレードアルゴリズムに個人がお金を出して投資することができるサービスが増えて来ているので、下手な手動トレードよりよほど可能性があります。

本記事では、そのようなサービスを総まとめで紹介しようと思います。

自動系サービスのメリット

自動系サービスのメリットとしては、ほっといても利益がでる(かもしれない)という点ですが、

実はそれ以外にもあります。

一つは、常に自分のお金が相場で運用された状態になるため、情報への感度が高くなる点です。

ニュースなどの見方も変わってきます。

最初に市場になれる目的で、自動化サービスから初めて値動きになれ、市場情報に触れることは有意義です。

もう一つは、自動サービスがポジションを取ったり損益を出したりするのをいち早く察知することで、市場の動向をすばやく把握することができるようになる点です。

自分の投資を常に動かして入れば、いやでもその損益は気になりますから・・・。ちょっとした指標の一つとして利用できます。

筆者は、仮想通貨の自動売買の経験しかないのですが、今後、他の領域にも参入しようと考えています。

どのようなサービスが存在するのかざっと調べましたので記事にしてみました。

まあ、プロが作成して商品にしているようなアルゴリズムですから、筆者のbot作成の参考になることも間違いないですし・・・・。

以降では、種類別に自動売買サービスの比較を行います。

FXの自動売買(ボックス戦略系)

トラリピ

トラリピは、マネースクエア社が提供するFXの自動売買サービスです。

このサービスは、一度設定を行えばほっておいても利益が自動で積み重なる投資法です。

公式の説明によると「相場の上下で売買をくり返す注文を、広い範囲に何本も仕掛けておくことで24時間自動的に利益を狙う」とあります。

相場の値動きを自動で細かく利益に変えていく仕組みのようですね。

一見怪しく見えますが、多くの方がトラリピの運用実績や設定の公開をしており、

かなり利益が出ている方もいるようです。

トライオートFX

トライオートFXはインヴァスト証券が運営するFXの自動売買サービスです。

このサービスもトラリピと同種のサービスで、利用者も多いようです。

基本的に、トラリピもトライオートFXも細かく上下に売買をするタイプのアルゴリズムであるようですね。

これ、昔僕もビットコインで試したことあるんですが、レンジ相場を前提としたアルゴリズムなんですよねー。

為替の方が、ビットコインに比べてレンジ相場を形成しやすいことを考えると、通用するのかもしれません。

ループイフダン

ループイフダンはアイネット証券が運営するFXの自動売買サービスです。

ループイフダンも、基本的にはトラリピやトライオートFXと同様に連に相場を想定しており、

細かく値動きを拾っていく仕組みのようです。公式のサイトの説明を読む限り、特定の相場では相当弱いシステムじゃないかという気がしたのですが大丈夫ですかね・・・・?

まあ、このあたりは実際に動かしてみないとわからないので、今度小学で触ってみようと思います。

ネットでの評判や説明を見ても、トラリピやトライオートFXの方がパットみ良さそう・・・。

フルオート

フルオートはトライオートFXと同じくインヴァスト証券が運営するFXの自動売買サービスです。

これは、今まで紹介してきたトラリピやトライオートとは異なり、人間の裁量トレードに近い自動トレードツールのようです。

評判を見ている感じ、それほどパフォーマンスは良さそうではないですが・・・。

プロが作ったシステムをただ動かすだけから、設定のチューニング、売買ルールを自分でプログラム等ができるようです。

デフォルトでどれくらいの収益がでるのかは不明ですが、プロの作成した各種インジケータを利用して自動売買のアルゴリズムを組めそうで良さそうです。

ETFの自動売買

トライオートETF

トライオートETFはインヴァスト証券が運営するETFの自動売買サービスです。

トライオートFXと同じく事前に決めたルールに則って相場の細かい値動きを捉えるアルゴリズムのようです。

ETFの自動売買はざっと探したところ、これくらいしか見つからなかったので、珍しいのかも知れません。

株の自動売買

トラリピCFD

トラリピCFDはマネースクエア社が運営する株価指数CFDの自動売買サービスです。

トラリピCFDはFXのトラリピと同じく、株価指数を自動売買してくれます。

株価指数というのは、日経平均(日経255)などに代表される株価の平均値に投資する方法です。

CFDというのは差金決済と呼ばれる実際に現物を保有しないが、株価と価格が連動する商品を売買することで売却益を出すことを目指す商品ですね。

まあ、事実上の株価の自動売買と思ってOKです。

レンジ相場を前提としたトラリピが果たして株の世界で通用するのかは定かではないですが・・・。

ロボットアドバイザー

WealthNavi

WealthNaviはウェルスナビ株式会社が運用する自動資産運用システムです。

WealthNaviでは目標利益を設定すると、AIが自動で投資プランを作成し、多くの投資商品に分散して資金を運用・管理してくれます。

結構投資って単純なポートフォリオ管理だけでも資産配分の決定、金融商品の選定、積立、再投資、リバランス、税金など考えたり作業したりする要素が多いです。

これをすべて自動で行ってくれるのがWealthNaviです。

運用の手数料が少しかかってしまいますが、そのかわり全自動放置でいいため便利かも知れませんね。

このあたりのポートフォリオ管理には、ベストな方法論が確率されていますが、人手で実行するのはそれなりにめんどくさいという領域なので、

WealthNaviで小額運用してみてどのように運用されるのかを勉強するのは全然ありだと思います。

THEO

THEOは株式会社お金のデザインが運営する自動資産運用システムです。

基本的なサービス内容はウェルスナビと同じのようですね。優劣に関しては実際に運用してみないとわかりませんが・・・。

サービス開始時期もWealthNaviが2016年1月、THEOが2016年10月と近いです。

マネックスアドバイザー

マネックスアドバイザーはマネックス証券株式会社が運営する自動資産運用システムです。

ウェルスナビやTHEOと同様のサービスですが、2017年10月スタートといくらか後発のようです。

先行ベンチャーに対する後発の大手といった感じですねw

基本的に、それほどサービス内容に差がでるタイプのものではないように思いますが、大手の安心感やスケールメリットで今後手数料などで差別化を図って来たりすると面白いと思います。

仮想通貨

ビットコインの自動売買

ビットコインの自動売買では、取引所のユーザが個人でプログラムを開発しているパターンが多いようです。

登録するだけで自動で設定されたアルゴリズムが動くようなサービスは今のところまだありません。

仮想通貨のレンディング

仮想通貨を取引所に貸し出すことで利子を貰う方法です。

多くの大手の仮想通貨取引所はレンディングサービスを提供しており、大体どこも年率5%前後で運用してくれます。

最近はほとんどビットコインは値動きをしなくなっており、長期保有目的でビットコインを一部持っておくならいっそレンディングに出すのもありかも知れません。

今ならGMOコインのレンディングを使うのがいいんじゃないかと思います。

まとめ

自動売買システムや放置で儲けることができるサービスは結構あることがわかりました。

特にFXの自動売買はビットコインの売買の参考にもなるかと思うので、実際に今後試して勉強していこうと思います。