フリーランスは退職金代わりに小規模企業共済を利用しよう、節税にもなります

フリーランスには、退職金がありません。

いざ仕事がなくなったときにお金がなくなっていては困りますよね?

そのようなときに頼りになるのが小規模企業共済です。

本記事では、フリーランスにとって節税効果があり、とってもオトクな制度である小規模企業共済について紹介します。

f:id:nepio:20181025185057p:plain

小規模企業共済って?

小規模企業共済は、独立行政法人 中小企業基盤整備機構が運営する、経営者やフリーランスが廃業や退職時に備えて生活資金を積み立てるための制度です。

加入資格についてはこのページが参考になりますが、

大抵のフリーランスはサービス業で個人事業主で従業員が5人以下だと思うので加入資格を持っています。

この小規模企業共済を利用すると、毎月非課税で掛け金を積み立てることができます。

この掛け金は、廃業して一時金として受け取るか、定年して退職金として受け取ることができます。

まあ、平たくいえばフリーランス向けの退職金制度です。

小規模企業共済は節税になるの?

小規模企業共済では、毎月、非課税で掛け金を積み立てすることができるため節税*1になります。

具体的には、如何のページでシミュレーションできるのですが、

中小機構:小規模企業共済制度 加入シミュレーション

所得500万で月2万円、2年積み立てた後廃業したとすると、約7万の節税になります。

小規模企業共済のデメリットは?

小規模企業共済のデメリットをネットで検索すると、20年未満の場合、元本われするという記述が散見されますが、これは勘違いです。

元本割れするのは、20年未満の積立で、個人事業主を廃業していないのに共済を解約した場合です。

個人事業主を廃業してサラリーマンに戻った、といった場合には当てはまらないので安心してください。

基本的には、フリーランスであればできる限り入ったほうがいい仕組みだと思います。

節税額を考えたら、下手な投資よりも明らかに効率いいですw

確定拠出年金も同じような税制上の優遇がありますが、60際になるまでは100%引き出しができないため、廃業時に引き出しができる小規模企業共済とバランスを考えて利用するといいと思います。

www.sodefrin.work

*1:確定拠出年金と同じく、受け取り時には課税されますが、税制上の優遇があるので。