フリーランスなら個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税も考えてやるべき

フリーランスの将来設計って結構難しい問題ではないかと思います。

働き方によってはサラリーマンよりも高い年収を得られるかもしれないけど、いつまで続くかわからないです。

サラリーマンであれば務めた会社から退職金や企業年金を貰って老後はまったりすることが可能かもしれませんが、フリーランスには退職金もありません。

支払っている国民年金も、高い割に将来十分な支給額を貰うことができるかというと、正直絶望的なんじゃないかと思います。

本記事では、節税しながら老後資金を積み立て運用することができる確定拠出年金がフリーランスにとって如何にお得であるか。について解説します。

f:id:nepio:20181025160435p:plain

将来不安

正直フリーランスって明日の仕事すら保証されていない不安定な存在じゃないですか?

将来、年を取って働けなくなったらどうするか?ということは考えて置かないといけないと思います。

多くの人がそのために、貯金をしたり資産運用に取り組んだりされているんじゃないかと思いますが、

確定年金ってちゃんと利用されてますか?

確定拠出年金は国が推進している個人で運用する積立型の年金で、多くのメリットがあるんです。

確定拠出年金の掛け金は所得税の控除対象

確定拠出年金に定期的に積立投資を行うと、税金の控除対象になるんです。

つまり節税効果があるんです。

どれくらい節税効果があると、年収400万の人が、毎月18000円確定拠出年金に投資したとすると、年で64000円の節税になります。

やばくないですか?

確定拠出年金って国内や国外の株式のインデックスファンドなどに投資できるのですが、証券会社に入金して普通にインデックス購入した場合は税金が安くならないのに・・・・。

確定拠出年金で購入すれば64000円の節税*1ですよ?

60歳まで引き出すことができないという制約はあるものの、購入した段階で実質64000円の+になる投資とかありえないですからねwww

他の投資と比較にならないレベルのコストパフォーマンス。他の金融商品購入するくらいなら、確定拠出年金に満額突っ込んだ方が明らかにコスパいいですよね・・・・。

すごいけど、つまらん話だ・・・・。

確定拠出年金の始め方

確定拠出年金は、取扱のある金融期間に登録をして、利用申請をすることで利用可能になります。

SBI証券など、大手の証券会社であるならば、大体可能です。

サービスによって手数料や取扱のある金融商品が異なるためよく比較検討しましょう!

このあたりは別の記事にでも追ってまとめますね。

また、確定拠出年金は加入条件として、国民年金に加入している必要があります。

前職を退職時に国民年金の免除申請などを出している人は加入できないので、

免除の解除申請を役所で行いましょう。

確定申告

フリーランスであれば、10月頃に「小規模企業共済等掛け金振込証明書」という書類が送られて来ますので、これを持って確定申告を行いましょう。

似たような仕組みに小規模企業共済というのもあるので要チェック

確定拠出年金は60歳まで引き出しができない資産形成です。

一方で、フリーランスを廃業してしまった場合(サラリーマンに戻る場合)に受け取ることができる、小規模企業共済と呼ばれるサービスも存在します。

こちらも合わせてリスク管理を行いましょう。

www.sodefrin.work

*1:確定拠出年金の受取時には税金がかかるので正確にはまるまる節税できるわけではないですが、退職金扱いなので優遇されます