単価が低い?Webライターが単価を上げる方法って?

f:id:nepio:20180924161812p:plain

完全にリモートでできるお仕事にWebライターがあります。

クラウドワークスランサーズなどのクラウドソージングサイトを利用して案件を取れば、場所を選ばずにいつでもお仕事をすることができるため、副業などで取り組まれている方も多いのではないでしょうか?

最近はフリーランスのWebライターという生き方をしている人もいるみたいです。

本記事では、企業でのメディア運営経験のある筆者から見たWebライターが単価を上げる方法についてまとめます。

Webライター単価が低くて正直辛い

このWebライターというお仕事、結構辛いんです。

ひたすら文字を書くのがまず辛いですし、これらのクラウドソージングサービスでは文字あたり0.5円から1円など非常に単価が安くてなかなかお金にもなりません。

3000文字書いても1500円から3000円くらいにしかなりません。

多くの人は3000字書くのに3時間くらいかかるのではないでしょうか。実質時給500円~1000円ですね。

単価を上げたい、上げる方法って無いの?

この記事を書いている私は、Webライターとして働いたことはないのですが、

Webサイトのディレクションを業務でやっていてクラウドワークスでライティングの業務を頼んだことはあります。

そのディレクション側の観点からすると以下のようなライターさんであれば単価は上げてもいいかなと思います。

  • ライティング領域に関する知識が深い。こちらが調べなければならない情報もしっかり調べて書いてくれる

  • 誤字脱字などが無く、文章構成もしっかりしており、ほとんど修正なしで公開できるクオリティで納品される

  • こちらがこれ書いてもらえませんか?とお願いして上記のような記事をしっかり上げてくれる

  • 納品本数も柔軟に対応してもらえる

・・・と書いてみて、正直ちょっとこれ条件が厳しすぎると思いませんか?

普通のアルバイトや会社員であれば、ある程度続けていれば、自然とお給料は上がっていきます。でも、クラウドソージング主体のWebライターでは、常に完璧な仕事をしている人以外、お給料が上がる余地はほとんどありません

(もちろん、雑誌などへの寄稿など高度な専門知識を持った人しかできないライティングであれば1記事数万以上の単価がもらえることもありますが、クラウドソージングではそういう案件はほとんどありません。)

そもそもライティングの単価が低いのはWebメディアの収益化の構造にある

そもそも、ライティングの単価が低いのはWebメディアの収益化の構造上の問題です。

ここを理解せずに、ただ闇雲にライティングだけを続けていても、なかなかライターとしての単価を上げることは難しいです。

Webメディアの収益化の構造

Webメディアの売上は主に広告収益です。Webサイトにアクセスを集めて広告を張り、それらがクリックされたり、商品が購入されたりすることで収益があがります。

そしてWebメディアのコストは主に人件費です。これは大きく、記事のライティングとディレクション費用に分けられます。

  • ライティング費用:主にクラウドワークスやアルバイトライターさんへの記事の発注費用です。

  • ディレクション費用:記事の構成や発注・納品管理など。SEOのキワード調査など。

売上(広告収益) - コスト(ライティング+ディレクション費用)

がプラスになるようにメディアを運営することになります。

ディレクションにおいては、多くのライターさんに記事を発注し、その内容をチェックしていい記事になるように修正をお願いしたりといった内容を行います。

DeNAのWelqなどでは毎日30記事を数名のディレクターがチェックして回していたようですね・・・。

そもそも、ディレクション側でガッツリ記事の内容を固めて修正してという前提で大量のライターを雇い、収益予測が建てられており、ライティング費用はかなりシビアに見積もられています。(十分に売上が経っていて余裕がある一部のサイト以外)

極端な話、ライティング費用を上げるくらいなら、他の人に頼むわwとい状態です。

唯一、給料を上げてもいいかな・・・。と思えるのは、いつもほとんど完璧な仕事をしてくれて、

ディレクションにほとんどコストをかけなくても常に安定していい仕事してくれる人、だけです。

このビジネスモデルって今後先あるのかな?

企業が運営するWebメディア(俗にいうキュレーションメディア)はどれだけ記事の作成コストを下げながらアクセスを伸ばすかが胆なので、ただ記事を書いているだけでは単価が上がることはほぼ無いと思ったほうがいいです。

では、このような形で運営されるメディアに今後先があるかというと、それも正直結構厳しいんじゃないかと思います。

2016年のDeNAのWelq騒動に見るように、炎上やGoogleの低質コンテンツを排除するアルゴリズム変更などによって運営コストが上がっているからです。

企業も記事のクオリティに関して大きなコストを払わないといけないのです。

正直、記事のクオリティにこだわるのであるならば、クラウドワークスで記事を外注してディレクションという業務は割に合いません。自分で書いたほうが早いです。

SEOを学んで自分でブログやった方がいいかも

クラウドワークスに記事を発注して運営するメディアという業態がそもそも結構しんどいです。

そもそもの前提としてライターを安く使う前提で予算が組まれてますし、近年は記事のクオリティを担保するディレクションのコストがあがっているため、ライティングの費用は更に削られています。

したがってWebライターの単価もなかなかあがりません。

こういう状態を考えると、自分でSEOを学んで自分でブログをやった方が、もしかしたら割がいいかも知れませんね。

安定してハイクオリティなコンテンツを生成できるのであれば、個人や少人数で活動した方がコスパがいいのがWebメディアだったりしますし。

はてなブログでのブログのはじめ方、カスタマイズ方法はこちらの記事で解説していますので御覧ください!

www.sodefrin.work