GMOコインが低手数料の板取引所をオープン、仮想通貨を始める人にオススメ!

f:id:nepio:20180924160945p:plain

今更になってちょっと仮想通貨に興味が出てきたし触ってみたいのだけど、どこがおすすめだろう?

という方に今オススメなのがGMOコインです。

オススメできる仮想通貨取引所って実は少ない

昨年は、仮想通貨取引所といえば、コインチェックやbitflyerといった取引所がおすすめ・定番でした。

でも、実はコインチェックもbitflyerもハッキング被害であったり、金融庁からの規制であったりで新規登録を停止しています。

  • コインチェック -> NEMの盗難事件にとり新規登録停止中

  • bitflyer -> 金融庁からのマネーロンダリングに関する警告で新規登録停止中

昨年コインチェックやbitflyerが流行ったのには流行るだけの理由があって、

いろんな仮想通貨を購入できたり、低手数料で板形式の取引を行える、といった特徴がありました。

でも、最近この2つの取引所が新規登録を停止した影響で、取引所をオススメしにくい状態だったのです。

9/5のアップデートでGMOコインが使いやすくなった

9/5のアップデートでGMOコインに取引所機能が追加されました。

板取引(取引所)というのは、板と呼ばれる場所に注文を並べて、売り手と買い手をマッチングさせる方式です。

他に販売所と呼ばれる販売形式が存在しますが、取引所形式の方が一般的に低手数料でトレードが可能です。

bitflyerやコインチェックは(少なくともビットコインのトレードに関して)低手数料でビットコインの現物・信用取引の板売買が可能だったことが、安定した人気の秘訣でした。

今回のアップデートでGMOコインも使い勝手が非常に良くなったといえます。

板売買はどうしてオススメなのか?

ではどうして板売買はオススメなのでしょうか?

それは先程も少し触れましたが、手数料が安いからです。

現在のGMOコインの取引所の手数料形態は以下のようになっています。

  • 取引手数料(現物): maker 0% taker 0.01%

  • 取引手数料(レバレッジ): 無料(ただし、レバレッジ手数料 0.04%)

経験の無い方にはわかりにくいかも知れませんので用語の意味を説明していきますね。

makerとtakerとは

maker・takerというのはなにかというと、先に注文を作る人(maker)、作られた注文を取る人(taker)です。

具体的に例を挙げると、

makerというのは「70万円でビットコイン買う人いませんか?」といったような注文を先に出す人のことです。

takerというのは「僕、70万円でビットコイン買いたいです」と誰かが出した注文に乗っかる人のことです。

一般的に、makerは注文が成立するまで待たなければならないというデメリットがあるため、takerよりも低手数料であることが多いです。

GMOコインでもmaker手数料は無料になっていて、とてもお得です。

レバレッジ手数料とは

レバレッジ手数料というのは、信用取引を日をまたいで利用した場合に取られる手数料です。

信用取引は、持っている現金を担保にお金を借りてトレードする方式であるため、日をまたいで利用すると、借りたお金に対して利息が発生するんですね。

これに関しては、現物中心で取引なさる方や、一日単位で取引を精算していく人は基本的に気にしなくてOKな手数料です。

手数料はどれくらい安いの?

では、例に上がっている0.01%というのは、具体的にどれくらいの金額でしょうか?

ビットコインの値段が70万円であるとして具体的に計算してみると、

だいたい70円程度です。

70万円分のビットコインを購入して手数料が70円程度です。

もしも購入後、ビットコインが1%上昇すれば、7000円の利益がでるのに対して、手数料は70円です。

非常にお安いですね。しかもtakerでなくmakerを利用すれば、そもそも手数料かからないですしね!

その他の板取引に関する細かい仕様を解説

詳しくは公式サイトの仕様を見て各自で判断していただきたいですが、かいつまんで解説します。

現物取引の仕様

  • 銘柄:ビットコイン(BTC)のみ

  • 取引時間:24時間265日

  • 取引手数料:maker 0%、 taker 0.01%

  • 最小注文数量:0.0001 BTC / 回

  • 最大取引数量:100BTC / 日

  • 注文方法:成行、指値

となっています。 気になる点は、最小注文数量と最大取引数量でしょうか。

最小注文数量は、0.0001BTCです。はじめての方は、ビットコインは今70万円もするから購入できないと思いがちですが、1BTC未満の細かい単位に分割して購入することが可能です。

GMOコインでは0.0001 BTC(1BTC70万円だとすると70円程度)から分割して購入可能です。なので別に原資はそんなに無くても少額から手軽に始めることができます。

最大取引数量は、一日で一人のユーザが売買できるビットコインの総量です。100BTC(1BTC70万円だとすると7000万円程度)未満であれば問題なくトレードできるようです。

注意してほしいのは、この場合計算されるのはトレードの総量ということです。3500万円のトレードを二回するとトレードの総量は7000万円とカウントされます。

運用資金が豊富な方には少し厳しい環境かも知れませんが、そのような方は後述する信用取引を利用すればよいので、悪くなさそうです。

信用取引の仕様

  • 銘柄名:ビットコイン / 円 (BTC / JPY)のみ

  • 取引時間:24時間265日

  • 注文手数料:無料

  • レバレッジ:10倍

  • 必要拠出金:建玉金額の10%に相当する日本円

  • 取引単位:BTC

  • 最大取引数量:新規 1,000 BTC / 日

  • 保有建玉上限:買建玉・売建玉各20 BTC

  • 注文方法:成行、指値

  • 両建取引:可能

  • ロストカット:あり(手数料0.5%)

現物取引との違いは、レバレッジや、建玉上限、ロストカットなど、信用取引に固有の要素があるくらいでしょうか。

レバレッジ10倍というのは、持っているお金の10倍の金額のトレードを最大で行うことができるということです。例えば1万円を持っていれば最大で10万円分のトレードができます。

もちろん、少し控えめに1万円を持っている状態で2万円、3万円分のトレードをすることもできます。

(例としてあげましたが、マックスの10倍でトレードをする行為はフルレバレッジと呼ばれて大変危険なので辞めましょう。)

建玉上限というのは、一回のトレード(建玉と呼ばれる)の金額の上限で1000BTC(1BTC70万円とすると7億円)です。

現物ではトレード料の制限が比較的厳しかったのに対して、こちらはかなり大きな金額です。大きな金額を運用したい場合はレバレッジ取引を使いましょう。

ロストカットというのは、トレードの損失が一定の金額を超えた場合に強制的に損失を確定させる仕組みです。

まあ、これはどこの取引所にもある仕様ですし、ロストカットされないように控えめにトレードするべきなので、なるべくお世話にならないようにしましょう。

結局オススメできるの?

今回の取引所の仕様や、使い勝手を見ている限り、かなりオススメできると思います。

市場が盛り下がっている状態でも淡々とユーザビリティ重視で機能改善をしているあたり好感が持てますしね。

今仮想通貨を始めるならオススメできる取引所です。

参考リンク:【GMOコイン】でビットコイントレードを始める